技術士試験講座





技術士試験総合技術監理部門キーワード事典
2010 年版
12 月 20 日刊行!


総監部門 2009 年度択一式問題出題内容に対応!
演習問題を大幅拡充!



  お陰をもちまして、 「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2009 年版」 (以下、これを 「2009 年版」 と称します。) は発売以来たいへん御好評を頂き、多くの皆様に御利用いただいております。これも一重に皆様の御支援の賜物であり、心より厚く御礼申し上げます。
  アートプランでは、御好評にお応えして 「2009 年版」 の改訂版である 「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 (以下、これを 「2010 年版」 と称します。) を、下記特徴 1 〜特徴 7 のような特徴を持たせて 2009 年 12 月 20 日に刊行しました。「2010 年版」 には、電子版、 書籍版、 書籍電子セット版の 3 種類があり、御利用形態に合わせて最適のものをお選びいただくことが可能です。


特徴 1. 2009 年度択一式問題出題内容に対応!

  今回刊行の 「2010 年版」 では、 2009 年度の技術士試験総監部門択一式問題に出題された用語のうち 「2009 年版」 に収録されていなかったものを追補してあります。したがって、「2010 年版」 を御利用いただけば、 2009 年度の出題内容もカバーしていますので、たいへん効率的に総監部門の受験準備を進めていただくことができます。

特徴 2. 最新の法令に対応!

  総監部門択一式問題には過去 3 年間程度のうちに施行された法令から特に多くの問題が出題されます。「2010 年版」 では最新の法令を収録しており、この分野からの出題にも万全です。

特徴 3. 演習問題を拡充!

  演習問題は知識の正確性を確認するためにたいへん有効です。演習問題は 「2009 年版」 でも約 240 題収録していましたが、 「2010 年版」 ではこれを約 260 題とし、実戦前のチェックをより充分にしていただけるようにいたしました。しかも、ピンポイントの要点を問う演習問題ばかりとなっていますので、極めて効果的に御利用いただけます。

特徴 4. 青本の記述内容に関するコメントを拡充!

  「技術士制度における総合技術監理部門の技術体系 (第 2 版) (社団法人日本技術士会 2004)」 (以下、これを 「青本」 と称します。) には、同書が高度の内容をたいへん圧縮して述べているため、記述が簡単でありそのままでは理解が容易でない箇所があります。このような箇所に関するコメントを 「2009 年版」 でも 37 コメント収録していましたが、 「2010 年版」 ではこれを 42 コメントとし、青本をより理解しやすくいたしました。

特徴 5. 過去問に関するコメントを拡充!

  総監部門択一式問題の過去問のうちには難度の高いものがあります。このような問題に関するコメントを 「2009 年版」 でも 33 コメント収録していましたが、 「2010 年版」 ではこれを 41 コメントとし、過去問をより深く検討していただけるようにいたしました。

特徴 6. 見出し語数を大幅拡充!

  見出し語総数を 「2009 年版」 の 4,060語から古くなるなどにより重要性が薄れた用語約 170 語を削除したうえで新たに 270 語を追補し約 4,160 語に拡充しました。これにより、 「2010 年版」 の見出し語は重要性の高いものばかりに厳選されています。

特徴 7. 電子版、書籍版、書籍電子セット版の 3 つのうちから選択可能!

  「2010 年版」 には電子版、書籍版、書籍電子セット版の 3 種類があり、このうちから御利用形態に合わせて最適なものをお求めいただけます (下表)。電子版、書籍版、書籍電子セット版は、体裁が異なるだけであり内容は全く同じです。

名 称特 徴
電子版


定価 8,700円
  「2010 年版」 は B6 版換算で約 1,540 ページ、 A4 版換算でも約 370 ページあるため書籍版では検索にやや時間がかかりますが、電子版では検索は瞬時に完了するので検索を快適に行っていただけます。通常、ある1つの概念を理解するためにはそれに関連するいくつかの用語の意味を次々に確認する必要がありますが、このような場合にはその快適さを特に実感していただけます。
  電子版は、個人的に御利用の場合に限っては複数台のパソコンにインストールすることができますので、会社のデスクトップと自宅のノートパソコンの両方にインストールするなど多様な御利用形態を御選択いただくことができます。
  電子版は、関連内容の検索が可能です。例えば、総監部門の試験に出題される可能性のある条約は全て見出し語として収録してありますので、同条約にはどのようなものがあるかを見たい場合は 「条約」 で検索すれば瞬時にその一覧が表示されます。
  電子版は、説明文中に記載したデータの信憑性を担保するために当該データを掲載している Web サイトの URL をかなりの数掲載していますが、御利用のパソコンがインターネットに接続されていさえすれば当該 URL をクリックすることにより瞬時に当該 Web サイトの内容を閲覧しデータを確認することができます。
  電子版は、ファイル形式は PDF ファイルですが、現行の携帯電話であれば多くのものが PDF ファイルを閲覧する機能を有しているので、携帯電話に収納して通勤時間などお手すきの時間にいつでも開いて御利用いただけます。なお、携帯電話で閲覧するために必要なシステム要件については こちら を御覧ください。
  電子版は、個人的に御利用の場合に限っては印刷も可能であり、A4、A5、B5、B6など御希望の用紙サイズに印刷して御利用いただけます。A4版に印刷すれば版サイズは大きくなりますが書籍としての厚さを大幅に薄くすることができ、 B6 版に印刷すれば書籍としての厚さは厚くなりますが手持ちの辞書として利用しやすくなり、御利用の形態に合わせてお好みの版サイズと厚さを御選択いただくことができます。
  「2010 年版」 は技術士試験受験に有用なデータはもちろん、日常の技術業務を行っていくうえで役に立つデータも多数収録してありますので、電子版を業務で御利用のパソコンにインストールいただけば、業務中に必要な用語の確認を瞬時に行うことができ、今後末永く御利用いただけます。
  電子版の体裁の詳細は こちら を御覧ください。

書籍版


定価 8,700円
  書籍版は A4 版、約 370 ページ、厚さ約 1.7cm で、鞄の中に入れて持ち運びが充分に可能なサイズですので、通勤時等お手すきの時間を利用していつでもひもといて御利用いただけます。
  また、余白への書き込み、付箋の添付などにより重要事項のさらに掘り下げた学習、類似事項の関連性の確認、重要事項の繰り返し学習などにも適します。御自分の利用形態に合わせてきめ細やかにカスタマイズできる書籍版の使いやすさは論を待ちません。
  書籍版の体裁の詳細は こちら を御覧ください。

書籍電子セット版


定価 13,100円
  書籍電子セット版は上記の電子版と書籍版とをセットにしたものです。電子版と書籍版の両方の長所を存分に御活用、御利用いただけるうえ、価格的にもたいへんお求めやすくなっております。
  書籍電子セット版の体裁の詳細は こちら を御覧ください。



出来事事典 2010 年版
7 月 23 日刊行!


  アートプランでは、2010 年 7 月 23 日、 「出来事事典 2010 年版」 を次のように刊行いたしました。

  (a) 標題     技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版出来事事典
  (b) 体裁     PDF ファイル。 B6 版換算 138 ページ。
  (c) 刊行日    2010 年 7 月 23 日。
  (d) 見出し語数  44 語。
  (e) 演習数    35 題。
  (f) 頒布方法   「キーワード事典 2010 年版」 御購入のお客様に、メールの添付ファイルとし
          てお届け。
  (g) 定価       無料。
   ※ 「出来事事典 2010 年版」 単体での販売はしておりませんので御了承ください。

  総監部門の択一式問題には過去 1 年間程度の間の重要な出来事に関連する問題が頻繁に出題される傾向があります。 「出来事事典 2010 年版」 は、そのような出題傾向に対応するために編まれた事典であり、過去 1 年間程度の間の重要な出来事に関連する用語とその説明を収録しております。特に、過去 1 年間程度の間に施行された法律、指針、規格などについては出題の頻度が高いので、そのような用語については重点的に収録し、多くの演習を配置いたしました。また、長文のものについては要約を別途配置し、最短であれば 2 時間程度で本書の全体をお読みいただけるようにいたしました。
  受験準備の最後の仕上げにぜひ御利用、御活用ください。

  2010 年 7 月 24 日までに 「キーワード事典 2010 年版」 を御購入いただいたお客様には 7 月 24 日、 「出来事事典 2010 年版」 をメールの添付ファイルとしてお届けいたしました。もし 「キーワード事典 2010 年版」 を御購入いただいたお客様でまだお手許に 「出来事事典 2010 年版」 が届いてない場合は、メールアドレス変更、受信ボックス満杯、その他何らかの理由でお届けできていないと思われますので、アートプランのトップページの画面右上にあります 「お問い合せ」 からその旨お知らせください。



出来事事典 2010 年版第 2 巻
8 月 4 日刊行!


  アートプランでは、2010 年 8 月 4 日、 「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 を次のように刊行いたしました。

  (a) 標題     技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版出来事事典第 2 巻
  (b) 体裁     PDF ファイル。 B6 版換算 61 ページ。
  (c) 刊行日    2010 年 8 月 4 日。
  (d) 見出し語数  26 語。
  (e) 演習数    34 題。
  (f) 頒布方法   「キーワード事典 2010 年版」 御購入のお客様に、メールの添付ファイルとし
           てお届け。
  (g) 定価       無料。
   ※ 「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 単体での販売はしておりませんので御了承ください。


  「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 は、 2010 年 7 月 23 日に刊行した 「出来事事典 2010 年版」 の姉妹編です。本書は、過去 1 年間程度の間の重要な出来事に関連した用語のうち 「出来事事典 2010 年版」 に収録されてないものを収録した事典であり、特に、過去 1 年間程度の間に施行された重要な法律、指針、規格に関連した用語を重点的に収録しています。併せて、これらの用語についての多くの演習を配置し知識の確認の便を図ってあります。また、長文のものについては要約を別途配置し、最短であれば 1 時間程度で本書の全体をお読みいただけるようにいたしました。
  したがって、過去 1 年間程度の間の重要な出来事 (特に、法律、指針、規格) については、「出来事事典 2010 年版」 と 「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 の 2 冊により完璧に網羅されています。
  受験準備の最後の仕上げにぜひ御利用、御活用ください。

  2010 年 8 月 4 日までに 「キーワード事典 2010 年版」 を御購入いただいたお客様には 8 月 4 日、 「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 をメールの添付ファイルとしてお届けいたしました。もし 「キーワード事典 2010 年版」 を御購入いただいたお客様でまだお手許に 「出来事事典 2010 年版第 2 巻」 が届いてない場合は、メールアドレス変更、受信ボックス満杯、その他何らかの理由でお届けできていないと思われますので、アートプランのトップページの画面右上にあります 「お問い合せ」 からその旨お知らせください。




技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版
の 7 大特徴!




特徴1 青本のKey Wordsの正確な意味や定義を収録!

 「技術士制度における総合技術監理部門の技術体系 (第2版) (社団法人日本技術士会 2004)」 (以下、これを 「技術士総監第 2 版」 と称します。) に記述されている用語の意味は、同書が限られた紙面に高度な内容を大変圧縮して記述しているため、必ずしも理解あるいは暗記に適した形では示されていないこともあり、このような場合 「この言葉は要するにどういう意味か」、 「定義として述べるとどういうことか」 と用語毎に自分で文章を再構築しなければなりません。あるいは、同書中には意味の説明すらない用語も少なくありません。そのため、受験予定の皆様はようやく確保した受験勉強のための貴重な時間の多くをこのような用語の意味の調査、構築の作業に割かざるを得ず、そのために 「技術士総監第 2 版」 の理解という本来の意味での受験勉強に充分な時間を当てることができないのではないでしょうか。
 本書では、 「技術士総監第 2 版」 の Key Words 約 430 語、 Key Words 以外で青本の文中において記述されている重要な用語約 570 語、計約 1,000 語を収録し、その全てについて正確な意味あるいは定義を示しています。したがって、参考書をひっくり返して調べて用語の意味を自分で構築するという作業が不要となるため、受験勉強のための時間の全てを青本の理解という本来の目的のために当てることができ、受験勉強の効率を格段に高めていただくことができます。
 合否の分かれ目は、 「意味を調べるのにすごく時間がかかった」、 「分からないからそこは飛ばした」 というような無駄と漏れをいかに少なくするかにあります。本書を用いることにより、無駄と漏れをスッパリと無くし、合格を大きく引き寄せることができます。

特徴2 充実の 4,160 語!

 総合監理部門の択一式問題の出題実績から見ると、総合監理部門の択一式問題のうちの約 40% は 「技術士総監第 2 版」 に全く又は殆ど収録されていない分野から出題されています。この 「40%」という割合は、半分に及ばんとする割合ですからかなり大きいと言えます。これは、総合監理部門の技術士には自分が専門とする分野に関する技術だけではなく技術業務全般を見渡し総合的な判断を行う技術が求められていることから考えるとある意味では当然かもしれません。
 本書ではこのような総合監理部門の特徴を考慮し、上記 「特徴 1」 に示す約 1,000 語以外に、 「技術士総監第 2 版」 に全く記述されていない分野やごく簡単にしか記述されてない分野を中心とする用語約 3,160 語 (上記の約 1,000 語と併せて計約 4,160 語) を見出し語として収録し、それらの各見出し語についても同様に正確な意味あるいは定義を示しています。
 本書を用いることによりこれらの分野からの出題にも臨機に対応することができ、まさに鬼に金棒です。

特徴3 説明が正確、丁寧、刺激的!

 類義語はその意味の違いが明確に示してあります。例えば、 「セキュリティ(security)」、 「セーフティ(safety)」、 「安全」 の違いはこれらの見出し語の項の説明を見ていただければ一目瞭然です。説明は正確です。
 法令、国際規格、国家規格などにおいて定義されている用語は、漏れなくそれらの原典を参照してその定義に基づいて説明しています。例えば、「現金」 「不動産」 「物」 などふだん何気なく使っている言葉も、これらの原典にさかのぼってその定義に基づいて示してあります。
 用語の意味の背景や由来については可能な限り検討を加え、その背景に踏み込んで説明してあります。例えば、「化学物質審査規制法」 の成立の経緯と規制対象との関連、「技術士総監第 2 版」 76 ページにある 「(フレックスタイム制度では)残業手当は、1 ヶ月以内を単位として総労働時間を算定し残業手当を精算する。」 の記述の背景、ブリッジシステムや直並列システムの信頼度を直列回路の公式と並列回路の公式だけで簡単に解く方法などなど、 「技術士総監第 2 版」 の丸暗記ではなく 1 歩も 2 歩も踏み込んで深く確実に理解できるように説明してあります。
 意味の説明は、正確、丁寧、刺激的です。

特徴4 最新のデータに基づいて記述!

 法令や国際規格などは常に変化しており総合監理部門の試験問題には最新の法令や国際規格に関する問題が出題されます。本書は毎年版を改め最新のデータに基づいて記述しているので、本書を用いれば最新の法令や国際規格への対応も完璧です。

特徴5 法律は要約して詳しく紹介!

 法律は、条文を要約して紹介しているので、法律特有の延々と続く文章から解放され、また法律・施行令・施行規則・通達と何段階も順を追って見ていかなければならない煩わしさから解放され、エッセンスだけを短時間で読むことができます。しかも、法律全体の要旨をまとめて説明する形でではなく主要な条文を 1 条ずつ分けて解説する形で説明してあるので、深い理解が得られます。
 もちろん、 「子の看護休暇」 「第一種事業」 のような法律において定義された用語については、その重要なものはもれなく見出し語として収録しています。
 法律の理解もこれ 1 冊で万全です。

特徴6 理解を図るツールを満載!

 演習問題は自分の知識の正確性を確認するためにたいへん有効ですが、 「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 ではキーワードの意味の説明のほかに、約 260 題という多くの演習問題を収録しているので実戦前のチェックを充分にしていただけます。しかも、労働基準法、著作権法など重要法令の演習問題、限界便益曲線についての演習問題、中心極限定理を用いた PERT の演習問題などピンポイントかつ 「技術士総監第 2 版」 の難解な点を解きほぐす問題ばかりですので、極めて効果的に御利用いただけます。
 また、「技術士総監第 2 版」 の記述内容のうち難解な箇所、適切を欠く箇所等についてはもれなくコメントを収録し、「ここが知りたい!」 に的確に応えます。
 さらに、総合監理部門第二次試験必須科目択一式問題の過去問のうち難解な箇所、適切を欠く箇所等についてはもれなくコメントを収録し、「ここが知りたい!」 に的確に応えます。
 本書を御利用いただけば、細部の仕上げまで完璧です。

特徴7 暗記に至便!

 各見出し語の意味は最初の 1 文 (ワンセンテンス) で簡潔に示してあり、必要な場合はその後に続けて補足説明を示しています。そのため、見出し語の意味を覚えるためには最初の 1 文の意味だけをそのまま覚えればよいので、暗記にはたいへん便利です。


 「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 は、受験準備で発生する様々な疑問に明確な答をお届けする信頼の事典です。ご期待にお応えします!



技術士試験総合技術監理部門キーワード事典
2010 年版の体裁


1. 電子版

(1) 標題
  技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版電子版
(2) 発行日
  2009 年 12 月 20 日
(3) 形式、サイズ
  CD (1 枚)。ファイル形式は PDF。ファイルサイズは、パソコン用約 8.6MB、携帯用約
  28.1MB。
(4) ページイメージ
ページイメージ

(5) 閲覧に必要なシステム要件
  電子版は、パソコン又は携帯電話で閲覧することができます。
  パソコンで閲覧するために必要なシステム要件については、 こちら を御覧ください。
  携帯電話で閲覧するために必要なシステム要件については、 こちら を御覧ください。
(6) 複数の機器へのインストールの可否
  可能 (ただし、個人的に利用する場合に限ります)。
(7) 印刷の可否
  可能 (ただし、個人的に利用する場合に限ります)。
(8) 印刷した場合の体裁
  B6 版 (縦 18.2cm×横 12.8cm) の普通の PPC 用紙に両面印刷した場合は、通常の印刷方法
    で、総ページ数 1,537 ページ、厚さ約 7.0cm。
  A4 版 (縦 29.7cm×横 20.0cm) の普通の PPC 用紙に両面印刷した場合は、通常の印刷方法
    で、総ページ数 367 ページ、厚さ約 1.7cm。
    ※A4 版で印刷するためには PDF ファイル(1 ページの大きさは約 133×82mm)の 4 ペー
    ジ分を A4 用紙 1 ページに印刷できる機能をプリンターが有していなければなりませんが、現
    行の国産の A3 判レーザープリンターであれば多くの機種がそのような機能を有しています。
  A5 版、B5 版などに印刷することも可能。
(9) ジャケットイメージ


2. 書籍版

(1) 標題
  技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版
(2) 発行日
  2009 年 12 月 20 日
(3) 判サイズ
  変形 A4 判 (縦 29.5cm×横 20.7cm)、厚さ約 1.7cm、総ページ数 367 ページ。
(4) 段組、文字の大きさ
  横書き、 2 段組、見出し語 7.5 ポイント、本文 7.0 ポイント。
(5) ページイメージ
ページイメージ


(6) 印刷色
  表紙はフルカラー、表紙以外は白黒。
(7) 表紙イメージ
表表紙


背表紙


裏表紙


3. 書籍電子セット版

  書籍電子セット版は、上記の 「1.1 電子版」 と 「1.2 書籍版」 とをセットにしたものです。したがって、体裁は上記の 「1.1 電子版」 と 「1.2 書籍版」 を合わせたものになります。

4. パソコンで電子版を閲覧いただくために必要なシステム要件

(1) Windowsの場合
  インテル Pentium プロセッサまたはこれと同等のプロセッサ。 48MB 以上の RAM (64MB 以上
  を推奨)。 31MB 以上の空き容量のあるハードディスク。 御利用のパソコンに装着又は接続された
  CD ドライブ。 Windows 95 または Windows NT 4.0 Service Pack 6 以降のバージョン。
  Internet Explorer 5.01 または Netscape 4.5 以降のバージョン。
(2) Macintoshの場合
  PowerPC プロセッサ。 Mac OS 9.1 以降のバージョン。 48MB 以上の RAM。 35MB 以上の空き
  容量のあるハードディスク。 御利用のパソコンに装着又は接続された CD ドライブ。 Internet
  Explorer 5.01 または Netscape 4.5 以降のバージョン。

5. 携帯電話で電子版を閲覧いただくために必要なシステム要件

  「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版電子版」 は携帯電話にインストールして携帯電話で閲覧いただくことも可能ですが、閲覧するには次の (1)〜(4) の全ての条件を満たす必要があります。
  なお、携帯電話によっては、これら全ての条件を満たしていても閲覧できない場合がごくまれですがありますので御了承ください。

(1) PDF ファイル対応の携帯電話である
  電子版は PDF ファイルですので、電子版を閲覧するには御利用の携帯電話が PDF ファイルを閲覧できるタイプのものであることが必要です。現行の携帯電話のうちのほとんどのものは PDF ファイルを閲覧できますが、 閲覧できないものや閲覧はできてもメールに添付された PDF ファイルしか閲覧できないものなどもまれにあります。現在御利用の携帯電話が携帯電話の本体メモリーやマイクロ SD カードに収納した PDF ファイルを閲覧できるものであるかどうかについては、御利用の携帯電話会社へお問い合わせください。

(2) 0.1MB〜0.5MB のファイルを閲覧できる
  携帯電話用の PDF ファイルは、パソコン用の PDF ファイルと異なり、 1 ファイル当たりのファイルサイズが 0.1MB 以上 0.5MB 未満である複数の PDF ファイルで成っているので、電子版を閲覧するためには携帯電話がこのサイズの PDF ファイルを閲覧できるものであることが必要です。現在御利用の携帯電話がこのサイズの PDF ファイルを閲覧できるものであるかどうかについては、御利用の携帯電話会社へお問い合わせください。

(3) CD から携帯電話へ転送できる
  携帯電話で閲覧するには、 パソコンから携帯電話へ PDF ファイルを移さなければなりません。 パソコンから携帯電話へ PDF ファイルを移す方法としては、一般的には次の (a)〜(c) の 3 つの方法がありますが、携帯電話で閲覧するには御利用の携帯電話がこのうちの少なくともどれか 1 つを行うことができることが必要です。
(a) USB ケーブルによる転送
  これは、パソコンと携帯電話とを USB ケーブルでつないで、 USB ケーブルによって PDF ファイルを転送するものです。このためには、 携帯電話がそのような機能を有していることが必要です。現在御利用の携帯電話がそのような機能を有しているかどうかについては、携帯電話の取扱説明書を御参照ください。
(b) マイクロ SD カードによる転送
  これは、パソコンにマイクロ SD カード用のリーダーライターを取り付け、それによってマイクロ SD カードに PDF ファイルを書き込み、書き込んだマイクロ SD カードを携帯電話に装着して閲覧するものです。現在御利用の携帯電話がマイクロ SD カードを装着できるかどうかについては、携帯電話の取扱説明書を御参照ください。
※マイクロ SD カードは容量 2GB のもので市価 1,000 円程度、マイクロ SD カード用のリーダーライターは USB 接続タイプのもので市価 2,000 円程度です。
(c) メールによる転送
  これは、 PDF ファイルを添付したメールをパソコンから携帯電話へ送信し、携帯電話でメールに添付された PDF ファイルを開いて閲覧するものです。このためには、ファイルサイズ 0.1MB 以上 0.5MB 未満のファイルを添付したメールを携帯電話が受信できることが必要です。現在御利用の携帯電話が 0.1MB 以上 0.5MB 未満のファイルを添付したメールを受信することができるかどうかについては、携帯電話の取扱説明書を御参照ください。
※ PDF ファイルが全体では約 28.1MB あるため、この全てを添付ファイルとして受信すると、受信料が、パケット定額に入っていればその料金 (4,500 円/月程度) だけですみますが入ってない場合は 50,000円〜80,000 円程度かかるので、 PDF ファイルを受信する月だけはパケット定額に入ることをお勧めします。

(4) メモリーの空き容量が約 28.1MB 以上ある
  電子版の PDF ファイルを収納するためには携帯電話の本体メモリー又はマイクロ SD カードに空き容量約 28.1MB が必要です。

  なお、携帯電話への PDF ファイルの転送の方法、転送後の操作方法などについては携帯電話会社によりまた機種により大きく異なるためアートプランでは御案内できませんので、御利用の携帯電話の取扱説明書を御参照ください。





技術士試験総合技術監理部門キーワード事典
2010 年版の内容の特徴


「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 は事典ですので、その殆ど全ては見出し語とその説明文で構成されています。本書の説明文は次のような特徴を有しており、たいへん御利用いただきやすいものとなっております。

特徴1 見出し語の意味を最初の1文で簡潔に示してあります!






特徴2 類似の意味の用語を正しく区別してあります!






特徴3 用語の意味は全編を通じて同一です!








特徴4 計算式はただそれを示すだけでなく、その式が成立する根拠を説明してあります!







特徴5 演習問題は高度の内容を分かりやすく解説してあります!






特徴6 「技術体系第2版」 に記述されている用語かどうかを明示してあります!






特徴7 説明はシステマティックに表示してあります!








著者の紹介


「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 の著者の紹介


氏名: 小坂 哲朗 (こさかてつろう)
略歴:
  1965 年 3 月 岡山県立岡山操山高等学校卒業
  1969 年 3 月 京都大学理学部地質学鉱物学科卒業
  1976 年 3 月 京都大学理学研究科地質学鉱物学専攻科博士課程修了
  1976 年 4 月 株式会社新日本技術コンサルタント (現、株式会社ニュージェック) 入社
          ダム、道路、橋梁、トンネル、原子力発電所、火力発電所、水力発電所、送変電設
          備、河川、上水道、下水道、地すべり、造成等の地質・土質調査に従事
  2004 年 5 月 株式会社ニュージェック退社、アートプラン設立


「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 執筆の経緯など


  応用理学部門の技術士試験を小坂が最初に受験して最も強く感じたことは、技術士試験が何を求めているのか分からないということでした。経験論文の問題の中の 「技術的問題点と私が採った措置」 を書けという項目を見てそのとおりに答案を書いたのですが、「私が採った措置」 が 「採った措置を順に列記せよ」 という意味ではなくて 「あなたが自分の技量で挙げた成果を書きその妥当性を示せ」、「もしあなたがこの業務に携わっていなければ失敗に終わったと思われることを自分の力で成功に導いた成果を書きその妥当性を示せ」 という意味だということが分かっていませんでした。不合格の通知を受けて、これだけ立派な答案を書いているのにそれで不合格にするとはけしからんと不遜の思いを滾らせていたものです。
  2001 年に総合技術監理部門を受験しましたが、口頭試験が始まって 25 分程経った頃、 「今年度から新しく総合技術監理部門を設置したが、今年度の試験問題についてどう思うか。」 という趣旨の御質問があり、「青本 1 冊覚えたら合格というのは、技術士試験しかも総合技術監理部門の試験としてはどうか。」 の旨の解答をし、紛糾し、結果不合格となり、その後しばらく受験しなかった経験があります。
  同じような思い、似たような御経験を受験予定の皆様のうちの多くの方はお持ちに違いないと存じます。 「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 は、そのような思いからの 1 つの結論です。本書をお読みいただいて、そうなのか、これが総合技術監理部門なのかと思っていただけるようなことがもしあれば、筆者の喜びこれに優るものはありません。
  総合技術監理部門に限らず技術士試験は合格率の低いたいへん難しい試験ですが、合格率がこのように低いのはそれが難しいからだけではなく、技術士試験が何を求めているのかを受験者に適切に示していないことにもあるのではないかと思います。今後はそのような意味で技術士試験の受験に役立つ書籍を刊行して参りたいと思っておりますが、もしそれが叶うならば、己の身の丈を顧みぬ幸せこの上ないものと存じます。
  「技術士試験総合技術監理部門キーワード事典 2010 年版」 を著すに当たっては、データの確認、引用の御承認などに多くの団体、企業、官公庁、個人の方々のお世話になり、溢れるほどの御厚意を頂戴しました。これらの方々の御援助、御厚意なくしては本書を著すことは困難でした。頂戴した御恩の大きさに、唯ただ感謝するのみです。

小坂哲朗  



トップページへ    このページのいちばん上へ